兵庫県宝塚市のボーガン殺傷事件に思う。クロスボウ(ボウガン、ボーガン)の所持に許可や免許は必要ないのか?

日記・雑記

2020年6月4日、兵庫県宝塚市でボウガンで撃たれて女性2名が死亡という事件がありました。

ライブドアニュース
6月4日午前10時15分ごろ、兵庫県宝塚市安倉西の住宅で「耳に矢が刺さった女性が助けを求めている」と近所の人から119番があった。県警によると、女性2人が死亡し、2人がけが。
 県警は住宅内でボーガンを撃った疑いがあるとして、殺人未遂容疑で現場の家に住む大学生野津英滉容疑者(23)を現行犯逮捕した。

ライブドアニュース

この事件で死亡したのは40代の容疑者の母親と70代の祖母だそうです。

殺人事件にも発展したクロスボウ(ボウガン)は誰でも手に入れられてしまうのか?

クロスボウ (ボウガン) の所持に規制はないのか?

今日はそんなクロスボウについて調べたことをまとめてみました。

スポンサーリンク

クロスボウ(ボウガン、ボーガン)とは?

いろいろな表現がされていますが、ニュースの記事の中にあったボーガンとは「クロスボウ」という西洋で用いられた弓の一種です。

日本語の「ボウガン(ボーガン)」は株式会社ボウガンの商標名です。

クロスボウは洋弓銃(ようきゅうじゅう)とも言われます。

クロスボウ(ボウガン)の威力は?

クロスボウ(ボウガン)の威力がわかるこんな動画がありました。

ボウガン(クロスボウ)で色々な電気製品を撃ち抜いてみた

ラジカセのような厚みのある家電製品も簡単に貫いています。

クロスボウ(ボウガン)はどうみても武器では?

アーチェリーがオリンピックの競技種目になっているのに対して、クロスボウの認知度はスポーツ競技として日本に浸透しているとは言えないこと。

そして何よりクロスボウの殺傷力。

これらを考えると、クロスボウは玩具やスポーツ用品ではなく、どうみても武器です。

ちなみに、日本ではオリンピック競技のアーチェリーよりも弓道の方が競技人口が多いそうです。

使い方しだいで人を殺してしまうクロスボウ。

こんな「武器」に規制はないのでしょうか?

クロスボウについては残念ながら今は明確な規制がないというのが現状だそうです。

クロスボウ(ボウガン)は誰でも買える

業界の自主的な取り組みで、店頭では年齢確認や登録をすすめているようですが、さきほども書いた通り、残念ながら現時点では、クロスボウの所持には現在のところ法的な規制はなく、また、インターネットでも販売されていて実質的に誰でも買えてしまいます

価格も、高いものは18万円くらいしますが安いものなら2万円くらいでも売っています。

クロスボウ(ボウガン)による過去の事件

アーチェリーや和弓を使った事件はあまり聞いたことがありませんが、クロスボウによる事件は過去にもいろいろありました。

1993年10月:東京・板橋区でジョギング中の女性が背中を撃たれ全治2か月の重傷。

2011年5月:青森・弘前市で57歳の男が親戚の女性の腹を撃ち殺害。

2013年3月:神奈川・川崎市で19歳の少年が母親の頭を撃ち殺害。

2015年4月:茨城県取手市の路上で自転車で帰宅途中の男性(47)が足をクロスボウで射抜かれ重傷。

なぜクロスボウ(ボウガン)は法律で規制できないのか?

エアーガンは、威力のあるものは年齢制限(18歳以上)がされているのに、なぜこんなに危険なクロスボウは制限できないのでしょうか?

販売店側では注意を促しているサイトもあります。
これはbody-guardという護身用品の販売サイトの表示です。

クロスボウは日本でも愛好家も増えてきて非常に楽しいスポーツグッズですが、所持・購入・使用について明確な規制がございません
したがって使用方法を誤ると重大な事故になる可能性があります。
使用に関しては弓矢・アーチェリー同様の施設またはそれに相当する安全の確保できる場所で行ってください。

body-guard

これほど危険なクロスボウ(ボウガン)が規制できない理由。

それは、クロスボウがスポーツ用品扱いになっていることや、部活動ですでに学校教育にも取り入れられている弓道用の和弓アーチェリーとの兼ね合いから、クロスボウだけを法規制の対象にすることができない、ということだそうです。

クロスボウを規制できるのは各都道府県の条例

テレビ番組「行列のできる法律相談所」でおなじみの弁護士、菊池幸夫さんは2015年の事件の取材に対して、

青少年保護育成条例で有害玩具に認定し規制する道はあるが、アーチェリーや和弓も似た機能を持っており、クロスボウだけ規制するのは難しい」と答えておられました。(J-CASTニュースより

法規制とは別に警察官は職務質問などでクロスボウの所持を発見したとき、状況によっては軽犯罪法違反の現行犯として取り締まることができるそうですから、不審な人に対しては職務質問で予防してほしいものです。

ちなみに、茨城県では2015年7月からすでにボウガンを有害玩具にしていしています。他の都道府県にも広がればいいのですが。

6月6日追記
今回事件のあった兵庫県では、さっそく条例でボウガンを「有害玩具」に指定しました。 今後は18歳未満への販売は禁止され、違反すると30万円以下の罰金の対象になります。(2020年6月6日読売新聞より)

クロスボウの規制が進んでいる都道府県

2020年6月15日追記

2020年6月現在の各都道府県のボーガン規制の状況です。

すでに規制されているところと、まだ規制されていないけどこれから18歳未満への規制を検討しているところ、そして検討が進んでいないか無回答だった都道府県について一覧表にしてみました。

6月14日(日)の読売新聞の記事がベースですが、今後規制について進展はがあれば更新していきます。

No.都道府県規制あり検討中なし(or 無回答)備考
1北海道
2青森県
3岩手県
4宮城県
5秋田県
6山形県
7福島県
8茨城県
9栃木県
10群馬県
11埼玉県
12千葉県
13東京都
14神奈川県
15新潟県
16富山県
17石川県
18福井県
19山梨県
20長野県
21岐阜県
22静岡県
23愛知県
24三重県
25滋賀県
26京都府
27大阪府
28兵庫県事件後に規制
29奈良県
30和歌山県
31鳥取県
32島根県
33岡山県
34広島県
35山口県
36徳島県
37香川県
38愛媛県
39高知県
40福岡県
41佐賀県
42長崎県
43熊本県
44大分県
45宮崎県
46鹿児島県
47沖縄県
141122

まとめ

今日は、クロスボウ(ボウガン)を使った事件のニュースをみて、クロスボウについていろいろと調べてみました。

その殺傷力を考えると、普通のスポーツ用品とは到底思えません。

このニュースを見て、法的に制限は難しくても、全国の条例で有害玩具に指定して「簡単に誰でもが手に入れられない」よう対策をしてほしいと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. Fiqohh より:

    武器とゆうなら車、包丁、バット、ナイフ、ハンマー、石ころ、自転車、ハサミ、爆竹1000個、バイク、模造刀、日本刀、カッター、フグ毒、、、人の殺意が手に持つ物を武器にするのでR!包丁も殺意の無い人は皆、料理に使うだけでR!バットも殺意の無い人は皆、野球に使うだけでR!ハンマーも殺意の無い人は皆、大工仕事に使うだけでR!武器にするのも仕事にするのも使う人間の責任でR ! キチガイに刃物、これが本質。

タイトルとURLをコピーしました