【パティスリーLaPeche(ラ・ペッシュ)】2020年9月26日に移転した奈良県吉野郡のモンブランが大人気のケーキ屋さんへ行ってきた

ラペッシュ おすすめのお店

こんにちはNaraoです。
2020年9月26日に移転オープンした奈良県吉野郡の人気のケーキ屋さんラ・ペッシュ。

今日はこの新しく移転したラ・ペッシュに行ってきたのでご紹介します。

移転前のお店も同じ吉野郡大淀町という場所にあったのですが、移転後のお店は、高速道路のインターを降りてからわずか8分と、かなり行きやすくなりました。

人気店なのでいつもお客さんが混み合うのですが、新型コロナ対策もしっかりしていました。

この記事は2020年10月24日の情報をもとに書いています。
スポンサーリンク

2020年9月26日新築移転オープンしたラ・ペッシュ

パティスリーLaPeche(ラ・ペッシュ)のお店情報

まず、お店情報です。

住所〒638-0833 奈良県吉野郡大淀町福神3-8
五條北ICから約8分
近鉄吉野線:福神駅から徒歩15分(1.2キロ)
電話0747-64-8988
営業時間9:30~17:30
定休日月曜・火曜
その他カード不可(現金のみ)
公式サイトhttps://la-peche.jp/
 

お店へのアクセス

お店の外観

木造平屋のおしゃれな建物です

以前はテナントを借りていたので店はそんなに大きくなかったのですが、リニューアルオープンして一軒のお店になりました。

敷地も広くて、駐車場のスペースは30台はありました。

駐車場のスペースはありますがこの日はお客さんが多くて足りていませんでした。

ただ、お店を訪れたのが週末の土曜日だったこともあって、駐車スペースはおさまらないほどの車が停まっていました。

路駐になっているのですが、周囲には住宅もないので近所に迷惑をかけることはなさそうです。田舎で良かった!?

周辺には民家はなく、隣にはスポーツ用品のデサントの工場がありました

週末は特に?お客さんの長蛇の列。これからの季節は寒さ対策が必要かも

9時半ですでにこの行列

9時半のオープンに合わせて9時25分ぐらいにお店に着いたのですが、その時点で1時間半待ちと言われ、実際にお店に入ったらもう11時過ぎでした。

「行列慣れ」している人は折り畳みのイスを準備していました。

コロナ対策の意識も高く入店制限あり

お客さん同士が一定の距離を開けたり、マスクの着用や消毒を促すなど、コロナ対策への意識も高くて、店内に人が多くならないよう、一度に入店できるのは4組または10人までという入店制限をされていました。

マスク着用を促し、お店に入ると消毒が設置されていて意識の高さが感じられます。

お店の入り口前にはソーシャルディスタンスを求めるステップマークも。

入口足元に貼られたソーシャルディスタンスを促すステッカー

これからのシーズンは防寒着が必須

特に週末は長蛇の列になることが多いので、長時間外で待つことになります。
これからの季節ダウンなど防寒着は持っていったほうがいいと思います。

お店の外にトイレ(洋式、男女兼用)があるので、列に並んでる間にトイレに行きたくなっても安心です。このあたりの気遣いは嬉しいですね。

ラ・ペッシュ店内の様子

店内は、移転前と同じで、パンコーナー、ケーキコーナー、焼き菓子コーナーがありました。

パンコーナー

ケーキコーナー

焼き菓子コーナー

ラ・ペッシュといえばやっぱりモンブラン

ラ・ペッシュを有名にしたのが、期間限定で販売されている『モンブラン』。
販売時期は9月から4月ごろまでです。
このモンブランは、もはやラ・ペッシュの代名詞です。

お値段は1個600円!。なかなかの値段です。昨シーズンは540円だったような…

このモンブランを目当てに多くのお客さんがやってきています。
この日駐車場に止まっている車のナンバーを見ると、大阪、京都、和歌山、見つけた中で一番遠かったのは大分ナンバーでした!

これがラペッシュのモンブラン。

このモンブランは注文を受けてから一つ一つ作るので店頭のショーケースにはディスプレイ用として2~3個しか並んでいません。

ラ・ペッシュの代名詞モンブラン
ラ・ペッシュの代名詞モンブラン

1日にいったい何個売れるのか分かりませんが、職人さんが毎日肉体労働をしていることだけはわかります。

まるで和菓子のよう!?ラ・ペッシュのモンブランの特徴

和栗のモンブランと言うだけあって、年中売っている一般的なモンブランより、『栗の風味』を強く感じました。

メレンゲの土台の上に無糖の生クリームそれを和栗のモンブランクリームで覆っています。

モンブランの断面図。生クリームの下はメレンゲでできた土台です。

栗の風味が強くてモンブランクリームもずっしりしているので、食べているうちにまるで和菓子を食べているような気持ちにさえなります。

ホールタイプも売っていて、サイズは4号、金額は2400円でした。大きさにして普通のモンブラン4個分くらいの大きさに見えました。

モンブラン以外にも美味しそうなケーキがたくさん

人気のモンブラン以外にもおいしそうなケーキが並んでいました。
他のお客さんから「モンブランを買いに来たけど、ほかにもけっこう美味しそうなケーキがあるな~」という声も聞こえてきました。

モガドー
プラリネシトロン
レガル
ショコラ
赤い果実とマスカルポーネのタルト
ショコラベリー

モンブランのオフシーズンはほかのケーキも味わってみたいと思います。

ラ・ペッシュの並びにあるカフェ「ミッツ」

ラ・ペッシュの並びに『ミッツ』というカフェがあります。
ラ・ペッシュが経営しているのですが、残念ながらラ・ペッシュで買ったケーキのイートインコーナーとしては使えません。

隣で営業している全く別のカフェ、ということになります。

ほぼ100%のお客さんのお目当てはラ・ペッシュのケーキなので、カフェにほとんどお客さんはいませんでした。もう少しうまく連携が取れるといいですね。

まとめ ラ・ペッシュはドライブがてら寄りたくなるケーキ店

奈良県の吉野郡というわりと山奥にある、パティスリーLaPeche(ラ・ペッシュ)は、遠方からわざわざ買いに来るくらいの人気店。

お店の代名詞となった和栗を使った『モンブラン』は9月から4月までの期間限定商品なので、行列覚悟で一度は食べてみる価値ありです。

「五条北」インターからわずか8分なので、ドライブがてら寄りたくなるお店でした。

京都から和歌山までを結ぶ高速「京奈和道路」はまだ全線開通していないので無料で通行できます

●パティスリーLaPeche(ラ・ペッシュ)のお店情報

住所〒638-0833 奈良県吉野郡大淀町福神3-8
五條北ICから約8分。
近鉄吉野線:福神駅から徒歩15分(1.2キロ)
電話0747-64-8988
営業時間9:30~17:30
定休日月曜・火曜
その他カード不可(現金のみ)
公式サイトhttps://la-peche.jp/

●お店へのアクセス

コメント

タイトルとURLをコピーしました