眠りの質を計測するおすすめ無料アプリ【Sleep Meister】(スリープマイスター)

アプリ・サービス

快適な睡眠のためには、まず自分の睡眠状態がどうなっているか知る必要があります。

レム睡眠やノンレム睡眠の状態をグラフで表示してくれて、

さらに自分にとって最適なタイミングで目覚ましをかけてくれる便利なアプリをご紹介します。
無料で利用できる神アプリなので、ぜひ使ってみてください。

さらにさらに、寝言録音機能もついています。

スポンサーリンク

Sleep Meister (スリープマイスター)は無料で使える睡眠サポートアプリです

Sleep Meister スリープマイスター) – 睡眠サイクルアラームLiteは、スマホに内臓された加速度センサーを利用し、 人間の体動を感知して、”眠りの浅いタイミング”でアラームを鳴らすことで、快適な目覚めをサポートしてくれるアプリです。

スリープマイスターの仕組み

その前に、まず眠りの仕組みを簡単に説明します。

レム睡眠とノンレム睡眠

レム睡眠は、眠っていても眼球が動いている、眠りの浅い状態です。
ノンレム睡眠は、眼球が動かない眠りで、眠り深いの状態です。
人間は眠っているとき、このレム睡眠とノンレム睡眠という2つの状態を繰り返しています。 まず、眠りに落ちるノンレム睡眠(深い眠り)の状態になり、次にレム睡眠(浅い眠り)の状態になります。 個人差はあるものの、そのサイクルは約90分と言われています。

Sleep Meister(スリープマイスター)は、スマホに内臓された加速度センサーを利用して人間の体動を感知し、”レム睡眠(眠りが浅い)のタイミング”でアラームを鳴らすことで、快適な目覚めをサポートしてくれるアプリです。

使用方法

  1. 設定画面でアラーム音、スヌーズ等を設定します
  2. アラーム時刻を設定してスタートボタンを押すと計測開始
  3. スマホを寝具にセットして眠ります。
  4. 目覚ましの設定時刻に近い時間の「眠りの浅いタイミング」でアラームが鳴ります
  5. スライダーを右へスライドして計測終了
  6. 睡眠状態を確認してみよう

設定画面でアラーム音、スヌーズ等を設定します

起きたい時間をセットします。
この時間にアラームが鳴るのではなく、この時間の手前にやってくる「レム睡眠(浅い睡眠)のタイミング」でアラームがなります。

アラーム時刻を設定してスタートボタンを押すと計測開始

スタートボタンを押すと計測が始まります。

スマホを寝具にセットして眠ります。

スリープマイスターは、スマホの加速度センサーを利用して体動を計測するので、布団で利用するより、より揺れを感知しやすい、ベッドの方が向いているかもしれません。

スライダーを右へスライドして計測終了

ストップボタンを右にスライドすると停止します。

睡眠状態を確認してみましょう

眠りの深さを、グラフで表してくれます。

まとめ

スリープマイスターは無料で、自分の睡眠を計測して、ちょうどいいタイミングで起こしてくれる便利なアプリです。
快適な目覚めで、気持ちのいい1日をスタートしたいですね。

Sleep Meister スリープマイスター) – 睡眠サイクルアラームLite  (iOS)

スリープマイスターの話でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました