PDFファイルや画像ファイルをまとめて1つのファイルに結合できる無料のウェブアプリ「PDFjoiner」は超便利!

アプリ・サービス

こんにちはNaraoです。

仕事だけでなくプライベートでもPDFファイルは身近な存在です。

メールに添付することやWebで公開するときもPDFファイルはよく使われていて、日常のあらゆるシーンで見かけます。

でも、PDFファイルが多すぎて管理に困ることはありませんか?

いくつものファイルに分かれたPDFファイルをなんとかまとめられないかな?

僕はそんな風に思うことがよくあります。

今日は、オンラインで複数のPDFファイルを20個まで結合できるPDFjoiner」というサイトをご紹介します。

PDFjoinerなら、バラバラになったPDFファイルを結合して1つのファイルにまとめることができます

スポンサーリンク

PDFjoinerはこんなシーンで役立ちます

僕の場合仕事がメインになりますが、1つの関連した仕事で、複数の人から受け取ったり、ネット上で探した書類ををPDFファイルでダウンロードすることがあります。

PDFjoineはこんなシーンで役立ちます。

こんなときに役立ちます

・関連した複数のPDFファイルを1つのファイルにまとめたいとき
・重要度の高いファイルだけをピックアップして残したいとき

PDFjoinerなら、それらのPDFファイルと画像ファイルを「1つのPDFファイル」として結合してまとめることができます。

PDFjoiner特徴

PDFjoinerはMedia4xが提供するウェブアプリです。

特徴は4つあります。

PDFjoinerの特徴

・ウェブアプリのためダウンロード不要
・無料で利用可能
・利用者登録不要
・PDFや画像ファイルを20ファイルまで結合できる

PDFjoinerをブックマークしておけばいつでも使えてとても便利です。

結合したいファイルをドラッグアンドドロップするだけ。

ファイルの入れ替えもマウスだけで簡単に操作できます。

操作方法

①結合したいファイルをアップロードするかドラッグアンドドロップ。
 ↓
②順番の並べ替えをしたい場合はドラッグアンドドロップで入れ替える。
 ↓
③「ファイルを結合」ボタンを押すとダウンロード開始

結合したファイルはデフォルトでは「pdfjoiner.pdf」というファイル名でダウンロードされます。

必要に応じて名前を変えて保存しましょう。

操作はこれだけ!

簡単でしょ?

PDFjoinerでPDFの他に結合できる画像ファイルの種類

PDFjoinerはPDFファイルの他にも画像ファイルを結合することができますが、対応している画像ファイルは以下の通りです。

BMP
GIF
HEIC
HEIF
JP2(JPEG2000のビットマップ画像形式)
JPEG
JPG
PNG
PSD(Photoshopフォトショップ用)
TIF
XCF(GIMP用)

PDFjoinerの注意点

アップロードされたデータは全て1時間後に削除されます。

とはいえ、どのファイルを結合するか1時間も迷うことはないので実質的に困ることはないと思います。

Media4xの他のサービス

PDFjoinerを提供するMedia4xという会社?団体?なのですが、Media4xは他にもいろんなサービスを提供しています。

ただ、不思議なのは、ポータルサイトのようなトップページがないこと。

それぞれのサービスごとにドメインが違います。

Media4xの提供するサービスをまとめてみました。

ウェブアプリ説明
PDF to DOCPDFファイルをMicrosoft Wordのdocフォーマットに変換
PDF to DOCXPDFファイルをMicrosoft Wordのdocxフォーマットに変換
PDF to TextPDFファイルをテキストファイルに変換
PDF to JPGPDFファイルをJPEGファイルに変換
PDF to PNGPDFファイルをPNGファイルに変換
PDF to SVGPDFファイルをSVG(スケーラブル・ベクター・グラフィックス)ファイルに変換
PDF ExtractorPDFファイルからテキスト、画像、フォントやその他の添付ファイルを抽出することができます。
PDF Commpressorウェブ掲載用に、SNSでのシェアに、Eメール添付に。PDFファイルを圧縮
JPG to PDFJPGイメージをPDFファイルに変換・統合
Optimizilla画質を保ったままJPEGやPNGイメージを最小サイズに圧縮

最後に

今日はPDFファイルを結合できるオンラインのウェブサービス「PDFjoiner」をご紹介しました。

ブックマークしておくととても便利なサイトなので、ぜひ活用してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました